同じ仕事に従事しても、ライバルとは差がつけられるような事があります。同じ仕事の量をこなしているにもかかわらず、知識やスキルに大きな実力差が生じているようであれば、休みの過ごし方に違いがある可能性が高いです。エンジニアにとって時間の使い方は、仕事の間はもちろんのこと、休日をいかに有意義に使うことができるかにかかっています。

システムエンジニアのように情報技術の最前線で働いている技術者にとっては、海外に有益な技術情報を見つけることができます。新しい通信技術開発が、海外でも活発に行われています。最新の技術情報を先駆けて獲得していれば、それだけライバルに差をつけることが可能なのです。現在、通信ネットワークが世界中に整備され、世界中から情報が手に入れやすくなっています。しかし、有益な情報を入手するには、自ら積極的に情報収集のために行動を起こさなければなりません。優秀なシステムエンジニアは、休日に海外から最新の技術情報を積極的に集めて、スキルアップに役立てています。習得に時間がかかる知識やスキルであるほど、事前の準備による差は顕著に表れます。休みの時間を有効に使ってスキルアップに対する努力を欠かさないエンジニアが、高い実力を持っているのも納得できるでしょう。このような休みの使い方を習慣として身につけているシステムエンジニアは、今後の通信業界における新しい変化に対しても、柔軟に追随していくことができる実力を持っているのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です